/

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸ってどう良いの?

ヒアルロン酸という言葉を最近美容関係の商品などでよく耳にしますが、歴史は古く1934年のアメリカで、牛の眼球の硝子体から初めて分離されました。

国内では医薬品として1987年から使われ始め、現在でも点眼薬や関節機能改善剤などに活用されています。

医薬品といて利用されていましたが、化粧品や美容品、プチ整形やサプリメントなどにも使われるようになり、その効果の高さが注目されています。

人間の身体は細胞が統合して器官や組織を作っていますが、ヒアルロン酸は関節や皮膚、目や臍帯などにあるゼリー状の物質になります。

特に関節部分をスムーズに動かすようにする働きがあり、関節液や関節軟骨にヒアルロン酸は多く存在しています。

しかし年齢と共にヒアルロン酸が減少してしまい、その影響で女性には大敵のシワや肌のタルミなどの症状が出てきてしまうのです。

50代になるとヒアルロン酸が20代の頃の半分にまで減少し、肌のみずみずしさやハリが失われてきます。

美容の問題以外では、関節リウマチや変形性膝関節症などがあり、加齢と共にヒアルロン酸が減ってしまうことにより関節に様々な影響が出てきます。

ヒアルロン酸は関節の潤滑油の役割を持ち、若々しさを保つためには欠かせない物となっているのです。

ヒアルロン酸を含む通販コスメ・トライアルセットをチェックしてみましょう。



ビタミンCの美白効果を取り入れよう



日焼けで黒くなってしまった肌やシミなどの改善のためには、ビタミンCが役に立ってくれます。

ビタミンCを含む美白化粧品が直接肌を白くしているのではありません。

メカニズムとしては、美白化粧品をつけることで肌に浸透したビタミンCが、メラニンが合成させるのを防ぐ働きをしてくれます。

できてメラニンを排出するためには、肌の新陳代謝が活発に行われる必要があり、その働きにもビタミンCは関係しています。

ビタミンCの抗酸化作用によりメラニンを還元して、シミの色を薄くするという働きも持っています。

ためにビタミンC配合の化粧品をつけることと供に大切なことは、日焼けをしないということです。

ためにはビタミンCを摂るだけではなく、しっかりとした紫外線対策も必要になるのです。

ビタミンCは体内のコラーゲンを生成する際には必要不可欠な栄養素で、シワの防止作用、活性酸素の除去作用などの働きも持っています。

1日に摂取するとよいビタミンCの目安としては、成人男女では妊婦は人は多く摂取したいものです。

ビタミンCを多く含む食品には、野菜やフルーツなどいろいろとあります。

キウイ1個でビタミンCを摂取ることができ、柿1個には93mg、オレンジ1個にはビタミンCが含まれています。

ビタミンCが摂れるので、ビタミンCが不足しがちだと感じている人は、手軽にできるジュースも利用するといいでしょう。

今の季節だとミカンもオススメです。ミカンはビタミンCが豊富で、ミカン2個で1日分のビタミンCが補充できるといわれています。

またほかにも、疲労回復効果のあるクエン酸や、ガン予防効果のあるオレンジ色の色素βクリプトキサンチンも。

手軽に食べられるのもいいですね。

前の記事